日本人である西村亮太さんの夢

日本とメキシコの交換留学を経て、西村さんはサッカーの指導者になることを志してメキシコに渡った。それから12年、すでにメキシコ代表のジャージを着て東京オリンピックで銀メダルを獲得し、現在はメキシコのサッカークラブNECAX […]

FESPA BAJIO 展示会:印刷技術の革新

プリント業界で世界最大級の展示会がレオンに初めて上陸し、自動車産業および製造業向けの最も革新的な印刷技術が紹介される。 世界各地でプリント業界に関する専門的なイベントを開催する国際連盟FESPAは、大判デジタルプリント業 […]

メキシコ労働組合連盟が創立86周年を祝う

メキシコ労働組合連盟(CTM)は、組合員と国の経済発展の向上に寄与してきた、86年間の闘いと労働環境改善の歴史を祝った。 CTMはメキシコで最大最強の労働組合で、1936年2月24日に設立されて以来、労働者の権利を擁護す […]

日本人の良い習慣「節約」

日本文化は、人々がよりよく生きるための知恵に溢れていることで知られている。日本では資源を節約し、有効活用することが日常生活の一部となっている。ここでは、節約を実現するための日本の主な慣習を紹介する。 「もったいない」:す […]

新日本大使がグアナファト州訪問

福嶌新大使は、バヒオ地域での最初の訪問地として、レオン、グアナファト州都、アパセオ・エル・グランデ、そしてケレタロを訪れた。ディエゴ・シヌエ知事と会談し、トヨタ工場を訪問し、市場でエンチラーダを食した。 福嶌大使は約50 […]

メキシコ労働組合:移行期

150年の歴史を持つこの組織は、新たな局面を迎えている。 1917年以来、労働組合はメキシコの憲法で認められており、第123条で定められた労働者・使用者セクターの権利でもあります。 100年以上その役割を果たすと同時に、 […]

メキシコ労働組合の新しい方向性

労働改革と新自由貿易協定T-MECでの公約によって確立されたように、グアナファト州で労働組合を適法化した企業はゼネラルモーターズだけではない。自動車産業やその他の分野で、すでに300社以上が州内での適法化手続きを行ってい […]

日本友好交流プログラムへの参加を求めて

在レオン日本国領事館の板垣総領事は、グアナファト障害者センター(INGUDIS)のホセ・グリマルド・コルネロ所長を訪問し、障害者福祉分野における日本との新たなつながりを構築することを目的とした会合を持ちました。 2014 […]

同郷人よ、おかえりなさい!

福嶌大使は、自身がメキシコ人であることを証明する出生証明書をツイートし、ソーシャルメディア上では驚きの声が上がった。 福嶌大使は、メキシコ生まれの最初の日本大使です。1958年8月27日午後2時に、メキシコシティのサンタ […]