『幽霊』:メキシコにおける日本人移民の物語

日本からメキシコへの移住は、双方のコミュニティにとって常に基盤となってきました。ガルシア·ヒラタ·スミエ監督のドキュメンタリー映画『幽霊』では、メキシコに移住した日本人移民のアイデンティティの構築について深く考察されてい […]

レオンにおけるRAIの5年間

メキシコ産業界の主要なリーダーたちが、この国の産業発展に貢献するイニシアティブやプロジェクトを策定するために例年通り集まりました。年次産業人会議(RAI)は5年連続でレオンで開催されています。 会場となったポリフォルム· […]

サン・ルイス・ポトシに日本庭園が開設される

サンルイスポトシはメキシコで一番大きな ラテンアメリカで2番目に大きな日本庭園があります。タンガマンガ公園に位置し、前には市立劇場、後方にはエコ博物館があります。  このスペースはサンルイスポトシの初めの日本人 […]

死者の日の祭壇に欠かせないもの

メキシコの「死者の日」は、11月1日と2日です。この日は亡くなった大切な人を偲ぶメキシコの伝統的な日です。 故人が故郷に戻り、愛する家族のもとを訪れるためにその道標となる祭壇を作る習慣があります。 祭壇には、お供え物、故 […]

メキシコと日本を繋いできた7年間

メキシコと日本という全く異なる二つの国をつなぐ役割を担って以来、早くも7年が経ちました。この間、ココ·メキシコは日本人とメキシコ人の良好な人間関係を深め、違いや距離を埋めていこうと尽力してきました。 私たちの仕事は、さま […]

アレ・グティエレスレオン市長は、玉井優子広島県副知事と在レオン日本国総領事塚本主席領事を表敬訪問しました。広島県とグアナファトの交流は、2024年に姉妹都市提携から10周年を迎えます。 アレ・グティエレス市長は、スポーツ […]

透明性を図ったグアナファトの20年

グアナファト州は、公的機関に登録された人々の個人情報を保護し、公的情報の開示を担保する機関を設置してから20年が経ちました。 設立20年を迎えるIACIP(公的情報アクセス機関)は、公共情報へのアクセス、個人情報の修正、 […]

日本では血液型で性格を判断

血液型によってその人の気質がわかるため、日本企業が人材を採用する際には重要なデータとなり得る。政治家の中にも、選挙運動で血液型を公表する候補者もいる。 その起源は1926年、平野麟と八島富田による血液型説についての出版物 […]

日本で増すグアナファトの存在感

グアナファト州と広島県の友好関係、そして両地域の貿易関係を通じて、双方の文化的および職場での交流が強化され、ますます多くのグアナファト住民が日本を訪れるようになっています。 グアナファト州知事の日本視察では、研修生として […]

ある芸者の物語日本の美

江戸時代(1603年~1868年)は芸者の全盛期だった。西洋では、芸者は売春のために雇われる女性だと考えられていたが、全く事実ではない。確かに日本人から見れば魅力的だが、芸者はそれ以上の存在なのである。